食物アレルギーレシピサイト〜チームアレルギー運営
ゲスト さん
Googleサイト内検索



ごきげんはうす
アレルギーを持つ子どものママたちは、毎日が心配の連続です。
そんな悩めるママたちに、チームアレルギーのスタッフが、実体験を通して、エールを送るお話です。

【第8話 アレルギー専門医との出会い】

2018/06/19 06:45:33
和くんの病院探しで悲しい思いをしてしまった私は、
一人で病院へ行く自信を無くしてしまい、
夫に会社を休んでもらって一緒にアレルギー外来を受診しました。

診察を待っている間、
看護師さんが肺機能検査をしているのを見て、

「ここって私が思っていた普通のクリニックとは違う!」

と、感じました。

看護師の私は、
肺機能検査は検査技師さんが行うものだと思っていたからです。

診察室に入り、紹介状を読んだ先生はひと呼吸おいて、

「お母さんはどうしたい?」

と、おっしゃいました。

私は

「この子に、食べられるものを増やしてあげたいのです。」

と答えました。

すると、

「それなら、ここに来て食べさせてみなさい。」

と言われました。


そのあと、
食物アレルギーについて詳しく教えてくださり、

「子どもは一人では育てられない、
社会に出していかないといけない。
一人で食べさせるのが不安なら、
ここに来て食べさせなさい。」

と言ってくださいました。

厳しいことも言われましたが、

『ここでがんばってみよう!』

と、
気持ちがストンとおさまったことを覚えています。

それから1,2か月は、週に2回病院に向かい、
食べさせられなかった野菜・魚・果物などを試させてもらいました。
かなり食事の幅が広がりました。
ほとんどは症状なく食べられましたが、
米、バナナ、大豆、牛乳、卵はしっかり反応がでました。

1歳2か月、先生の指示を守りながら、
決められた量を食べさせることが始まりました。


【つづく】

Date 2018/06/19
NPO法人ヘルスケアプロジェクトが運営する食物アレルギーっ子のための献立サイト〜広島発〜
http://www.team-allergy.com
Copyright(C)2008 All rights reserved.