食物アレルギーレシピサイト〜チームアレルギー運営
ゲスト さん
Googleサイト内検索



ごきげんはうす
アレルギーを持つ子どものママたちは、毎日が心配の連続です。
そんな悩めるママたちに、チームアレルギーのスタッフが、実体験を通して、エールを送るお話です。

【第12話】お米が、食べられるようになった〜!!

2019/05/03 07:50:27
ある日、お弁当を持って、
家族でピクニックに出かけました。

かず君は、
Aカット米で作ったおにぎり。

私たち大人は、
ふつうのお米のおにぎりのお弁当です。

さぁ、木陰で楽しいランチの時間。
外の遊具で思いっきり遊んだせいか、かず君はすぐにおにぎりを完食!
もっと食べたそうにしています。

それまでの私は、和くんが食べるもの、大人が食べるもの、と
きっちり区別をつけていたので、
大人の食べているものを、かず君にあげることはありせんでした。

決して外出中にこのようなことをすることはお勧めしませんが、
その時はちょっと気がゆるんでいたのだと思います。

やっと、ここでがんばろう!

と思える病院に出会い、少しずつ食べられる食材も増え、
共感できる友達ができたことが、私を変えていました。

もっと食べたいと訴えるかず君に、
自分のおにぎりを食べさせてしまいました。

2カ月前に普通のごはんを食べ、
1時間たって蕁麻疹がからだに出て薬を飲んだことは、
私の頭に残っていたはずなのに・・・。

おなか一杯になったかず君は、
いつものようにウトウトし始めました。

「あ〜、食べさせてしまった。どうしよう」と、
帰りの車の中では片時も目を離さず、
かず君の観察を続けていました。

負荷試験の時の症状が出た時間が過ぎ・・・。

「あれ?症状が出ない。もしかして、食べられるようになった?」

と驚きと安心と嬉しさがこみあげてきました。

その後受診したときに、そのことをドクターに報告したら、
「うんうん」とうなずかれた先生の顔を、今でもはっきり覚えています。

「食べさせていきなさい。食べることで、食べられるようになるから」と
おっしゃった先生の顔を。

【つづく】

NPO法人ヘルスケアプロジェクトが運営する食物アレルギーっ子のための献立サイト〜広島発〜
http://www.team-allergy.com
Copyright(C)2008 All rights reserved.