食物アレルギーレシピサイト〜チームアレルギー運営
ゲスト さん
Googleサイト内検索



ごきげんはうす
アレルギーを持つ子どものママたちは、毎日が心配の連続です。
そんな悩めるママたちに、チームアレルギーのスタッフが、実体験を通して、エールを送るお話です。

【第7話】一歳の誕生日を迎えて

2018/04/27 00:01:04
お誕生日の日は、
夫の両親と私の両親を招待し、
家族でお祝いをすることになりました。

かず君には、

鯛を焼いて、茹でたアスパラとブロッコリー、
ケーキはジャガイモとサツマイモを茹でたものを
ケーキに見立て、
MA−1ホイップクリームで飾り付けをして、
ろうそくを立てて、お祝いをしました。

とりあえず症状は出ず、お祝いの会は無事終了。

終始ニコニコして、とてもゴキゲンなかず君を前に、

夫の両親は

「かわいそうに・・」

の言葉ばかり。

食物アレルギーに理解がない義父母の態度が、
私にはとても辛かったことを覚えています。

鯛が大丈夫だったことから、
安心して魚を少しずつ食べさせ始めました。

ひと月くらいたった頃、
便に明らかな血が混じっていることに気がつきました。

かかりつけ医に相談したところ、
それは母乳をあげているせいだと言われ、MA-1を飲ませることしました。

しかし母乳をやめても便に血が混じることが続いたため、
かかりつけ医に電話で状況を告げると、
対応できないから他に行くようにと言われ、困惑しました。

仕方なく予防接種にかかった病院に電話をかけ、
慌てて連れて行きました。

何がどうなっているのかわからず、
不安でいっぱいでした。

点滴をした後、先生から

「とりあえず入院しましょう」

と言われ、初めての入院をすることになりました。

家では、
哺乳瓶や食材の取り扱いから衣類の洗剤にいたるまで、
かなり気をつけていたので、
入院生活は大丈夫だろうかと看護師さんに相談すると

「ふだん、そんなに神経質に育てているの?」

と冷たく言われました。

入院中は食事は無くミルクだけで、
血便はおさまり、2,3日で退院できました。

その時に、紹介されアレルギー専門医と出会いました。

あとでその紹介状に

「神経質なお母さんです」

としっかり記載されていました。

確かにこの頃はかなり神経質だったと思うので仕方ありませんが、
神経質にならざるを得ない状況もあるのです。

「そこを理解して対応していける医療者でありたい!」と、
看護師である私は強く思いました。

【つづく】


NPO法人ヘルスケアプロジェクトが運営する食物アレルギーっ子のための献立サイト〜広島発〜
http://www.team-allergy.com
Copyright(C)2008 All rights reserved.